スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっぴーな家づくり 土地探し編7

みなさま こんにちは
大変長らくお待たせいたしました・・・

って、待ってる方がいるのかどうかはさておきましてw

肌寒くなってまいりましたが、相変わらず食欲は衰えず
健康の道を歩む、わたくし きくち でございます

前回からの、「重要事項説明の取り扱い説明書」
しかも、目次のみ!

いやいやいやいや。
申し訳ございませんでした

お詫びに、ハロウィンの写真でも・・・
ミッキーさんに会いに行って来ました・・・

ってもう11月入ってるじゃないですかっ!


しかも暗くて、何がなんだかわからないし・・・

ハロウィン


まぁ・・・文字だけっていうのも寂しいですしね。


さて。本題の方に移りましょう!


前回の目次に沿ってお話しすると、今回は4番までをお話します。

念のため、1番から書いておきましょう♪

1、取引態様並びに宅地建物取引業者の表示及び説明をする宅地建物取引主任者
2、不動産の表示
3、売主の表示と第三者による占有に関する事項
4、登記簿に記載された事項

ここでポイントになってくるのは、やはり2番と4番です。

2番では、その土地の所在や地番(住所とは違うものですが、場所を特定する数字です)、
地積(土地の大きさですね ○○㎡のように記載されてます)
ここで記載された内容が、すなわち購入する土地の身長やら体重やらということです

次に4番です。
登記簿って聞いたことありますか?
どんなものか見てみたいという方は、お気軽にきくちまでご連絡ください^^(軽くコマーシャルしてみたりw)

今回のキモはここです!

登記簿には、3つのポイントがあるんです

まずは、表題部
次に、甲区
最後に、乙区


表題部には、その土地の住所や大きさ、
どのように使われているか(例えば、道路ですとか、宅地、畑、などなどです)

そして、甲区には、誰が持っているか。
どこそこ村のだれべえさんが、この土地の所有者ですよ、という感じです。

最後に、乙区。
ここには、その土地に所有権以外に、どんな権利があるかが記載されます。
例えば、抵当権。これは銀行などに住宅ローンを組むと、この土地を担保に
何千万円貸していますよ、というような意味です。

当日に、どうぞ・・・って渡されても、初めて見る登記簿を理解できる人なんていません。
しかも、契約時にはまだ、売り主さんの名前が入っている訳ですから、
なおさら、「この書類はなになに?」という状態なわけです。

次回以降でも、測量図やら公図といった、普段聞きなれない名前の書類が
たくさん出てきますので、実際に直面した時に慌てないように、
来週もしっかり学んでいきましょう

・・・
なんだか、終わり方がどこかの予備校みたいになってしまいましたがw

次回からは、大人の事情に負けず

週刊 はっぴーな家づくり を継続したいと思います

ではまた~

詳しくお聞きになりたい方は、下のボタンをポチっとな

リバティホーム
スポンサーサイト
プロフィール

libertyhome

Author:libertyhome
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。