スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっぴーな家づくり 土地探し編5

みなさま こんにちは
青い空・・・白い雲・・・黒丸しるしのねずみさん・・・
ゆっくり遊びに行きたいなぁ、出銭ランド・・・
のっけからオヤジギャグですみませんきくちです




今回は寄り道せずにまっすぐ本題へ進みたいと思います。

前回は、土地探しって難しいですねぇ・・・というようなところで終わった形でしたが
いろいろと紆余曲折ありつつも、気に入った土地が見つかったところから続けてみましょう。

まず。気に入った土地が見つかったら、次にどうすればいいか、という話です。
買付け証明って聞いたことありますか?

要は「この土地を どこそこ村の だれだれが いくらで欲しい」と
売主さんに意思表示をするということです。

不動産屋さんによって、数種類の用紙があるのですが、
基本的には、上記の内容で申込をするわけです。

売りたい人と買いたい人の条件がぴったり合った時に初めてご契約となります

何枚も何枚も、名前を書いて、はんこを押して。
手が疲れる位に名前を書いて、はんこを押して。
人生でもベスト3に入るくらい名前を書きま・・・す・・・?

だめだめだめですっ!
そんなに簡単に押しちゃだめです!


もちろん、契約をするのがいけないわけではないですけれど、
(そんなこと言ったら不動産屋さんに怒られます

もうちょっと、土地について調べてみましょう

一般に。
土地のご契約の前には「重要事項の説明」という(非常に睡眠効果の高い)儀式が待っております。

また余計なコト書いてるって怒られちゃうかもしれませんけど・・・

その土地にどういった法律が関わっているか。
水道やガスについてはどんな状況になっているのか。
隣地の方との境界はどうなっているのか。
もしかしたら、その土地の下には地下鉄が走っているかもしれません・・・。
(揺れたりするんでしょうか・・・気になって眠れなくなります)
もしかしたら、その土地の上空には送電線がぶらーんとぶらさがっているかもしれません。
(現地見たらわかりますけどね
10年後に道路拡張計画があって、立ち退かなければいけないとしたら?

そんなたくさんの情報を、ご契約の直前に言われて
なおかつ、専門用語の連発で意味わからなかったりして(しかも睡眠効果は抜群ですし)
本当にそのままご契約しちゃっていいんですか?

ですから、ご契約の前には必ず、その土地の情報を全部チェックしないといけないんです

きくの脳内の仮想のお客様の声: 「でも、そんなの難しすぎてわからないですよー」
確かに・・・。

では、来週からやってみましょう!
誰にも頼らないで出来る!重要事項説明書の取り扱い説明書講座ー♪
ちょっとドラえもん風なノリになってしまいましたが。
次回からは専門用語をいかにして簡単にお話しするか、に挑戦してみます

それも大変だし、めんどくさーい・・・とお嘆きの方は。

土地を決めてしまう前に家づくりのパートナーを決めてしまった方がいいかもしれませんね
もちろん。そんな時は、お気軽にお電話ください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております


もっと詳しく弊社をお知りになりたい方は。


㈱リバティホーム
スポンサーサイト

テーマ : 不動産
ジャンル : 地域情報

プロフィール

libertyhome

Author:libertyhome
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。