スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっぴーな家づくり 蓄電池編の後編です

みなさま おはようございます
10月に入ってそうそう、ハロウィン気分のきくちです

先日は、報告書のようなブログになってしまいまして…スミマセン

蓄電池
話題の商品ではありますが、なかなか重い内容に触れてしまった、みたいです。

前回は長くなりすぎてしまいましたので、後編として続きを掲載したいと思います。

ちなみに、下の写真は 当社の蓄電池の表のフタを開けた状態です。
正直、説明書を読まないとスイッチの意味がわかりません…。




さて、前回の宿題は
本当に蓄電池って必要なの?

という、住宅メーカーの人間にあるまじき疑問を持ってしまったがゆえの
困った問題でした

今回は珍しく、結論から申し上げますと…。

ちょっと様子みちゃいましょう。

というのが、個人的な意見でしょうか。(個人的ですよ!怒らないでくださいね)

理由 その①
この秋以降、各メーカーさんで(電気メーカーや住宅メーカー含む)新商品が
販売予定となっております。多くの書籍やネット紹介でも、
デメリットとして挙げられているのは、「価格が高い」ということです。
正直、いち消費者として考えますと、「もっと安くなるのでは?」と思うからです。


理由その②
商品として、成熟していない…気がする
(あくまでも、気がするだけですから怒らないでくださいね)


その蓄電池が、「鉛(なまり)」を使ったものなのか、(車のバッテリーなどが分かりやすいですね)
「リチウム」を使ったものなのか、(携帯電話やデジカメの電池といえば分かりやすいでしょうか)
「ニッケル」を使ったものなのか、(某電気メーカーさんのエネループ というやつが有名ですね)

その蓄電の方法によって、耐用年数も違いますし、
それこそ充電と放電(実際に使うということです)が同時に出来るものと、出来ないものがあるようです。

不思議に思いませんか?
充電して満タンになっている ハズ の充電池があったとします。万が一のために購入したわけです。

それって、どうやって壊れてないか確認するんですか?
新しいうちはいいですけど、10年後どうします?
毎週確認作業します?

充電&放電が同時に出来るならまだしも、いざっていうときに溜まってなかったら?
上にある写真のように「見える化」はできているのでしょうけれど、
常時それは満タンにしておかなければいけない ハズ ですよね?



今回わたし自身が調べた方法は、みなさんと同じように
インターネットで検索したり(「蓄電池」というキーワードで261万件もヒットするんです)
本屋さんに行って、最新蓄電池情報が載っている雑誌や書籍をあたったりと、
ごくごく普通にしか調べていません。
あとは業界ニュースに詳しい方にお聞きしたり、メーカーさんに質問するくらいです。

でも、今すぐに買わないと損をしてしまう…ほどの魅力は、わたしには感じられませんでした。
皆様の置かれている環境や、状況によってもそれは変わってくるとは思いますが、
平成23年10月1日の、わたしの個人的な意見は上の通りです。

でもでも…。
あす以降に、蓄電池をお勧めしていたらごめんなさい。
けれど、その時は間違いなく、その商品が必要だと
自分が納得してご提案できる理由を、胸を張ってお話しているはずです。


と、ここで振り返りますと。
また長い文章になってしまいましたね…

お付き合い頂きました方がいらっしゃいましたら、
本当にありがとうございます。
感謝 です

次回のブログは、もっとライトなテーマにしたいと思います (^-^;

それでは。
素敵な週末をお過ごしください。


城東エリアの注文住宅なら
スポンサーサイト
プロフィール

libertyhome

Author:libertyhome
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。